害獣界でもトップクラスの暴れん坊|アライグマの駆除が課題

特定外来種生物

女性

アライグマは、日本には本来存在しないはずの特定外来種生物です。動物園などでも見たことのある方は多いと思いますが、とても可愛い見た目をしています。しかし、その見た目とは裏腹に凶暴な性格をしています。害獣界でもトップクラスの暴れん坊とも言えるでしょう。そのため、野生のアライグマは、うかつに近づくと危険です。そんなアライグマが住宅地へ出没するケースが近年見られるようになってきています。住宅地には、生ごみなどのエサがあり、また、屋根裏や床下などといった、住み家にはちょうど良い場所がたくさんあります。こうした場所を狙ってアライグマが徘徊しているケースがあるので注意が必要です。アライグマの被害が多い自治体では、定期的に駆除を行なっています。特定外来種であるアライグマは、元来そこに生息している生き物たちの生態系を崩してしまう危険性があるのです。凶暴な性格のアライグマは、他の生物に対する攻撃性を内在しています。人間が被害に遭わないように対策を立てることはもちろんのこと、その地域の生態系を守るためにも駆除は必要なことだといえるでしょう。個人でアライグマの駆除を行なおうと考えるときには、自治体の駆除専門部署にお願いすると、駆除専用の捕獲ワナを貸出してくれるところもあります。被害に悩んでいる人は、自治体の駆除専門へ相談すると良いでしょう。アライグマは、食べ物を洗って食べることからも見て取れるように、手先がとても気様です。簡単な柵や網は穴をあけたりして突破することができます。このような修正に注意をして駆除作業を行なうことをおすすめします。

とても凶暴な動物

一軒家

アライグマと遭遇したときに冷静な対処をするには、事前に駆除方法をきちんと調べることが大切です。周りには駆除をするのに頼りになるような機関や自治体の部署がきっとあるはずなので、そこを把握しておきましょう。

詳しくはこちら

事前に方法を調べる

女性作業員

アライグマは、ペットブームが起きたときに大量に捨てられたことによって野生化しました。住宅街にも野生のアライグマは出没するので、駆除の方法を事前に調べるようにしましょう。

詳しくはこちら

各地で努力をしている

アライグマ

アライグマは、農作物やペットにたびたび被害を与えることのある動物です。放っておくと、その高い繁殖能力から数がどんどん増えていってしまうため、定期的な駆除が必要になってきます。

詳しくはこちら