害獣界でもトップクラスの暴れん坊|アライグマの駆除が課題

事前に方法を調べる

女性作業員

1970年代にペットブームが起きたアライグマですが、凶暴な性格が手に負えなくなって捨ててしまう人が数多く存在しました。その影響で、現在、日本各地に野生化したアライグマが数多く存在しています。アライグマは、成獣になると重い障害物を動かすなどとても力が強いことで有名です。そのため、さまざまな動物に攻撃を加えて生態系を変化させたり、人間への被害を引き起こしたりする特徴も持っています。アライグマは、山間部や沿岸部、都市部などさまざまな場所に生息しています。そのため、人間の生活エリア内で生活しているアライグマもたくさんいるのです。このようなアライグマは、住み家を住宅の屋根裏にして住み着いてしまうものもいます。住宅に住み着いたアライグマは、病気やアレルギーなどを持ち込む他、糞や尿によって生活環境が悪化させるなどといった悪い影響を及ぼすので駆除をする必要が生じます。

アライグマの被害を防ぐためには、餌付けをしないこと、天井裏や床下などの隙間を金網などでしっかりと塞いで侵入を防ぐこと、早めに自治体に駆除の相談をすることなどがあげられます。特に、天井裏や床下の隙間を防ぐことはとても大切です。アライグマは、わずかな隙間からでも侵入してそこに住み着きます。天井裏に住み着いてしまうと、アライグマの騒音で悩まされることになり、その駆除のやり方も難しいものになります。被害を未然に防ぐことが、アライグマで悩まされないようにするための一番の方法だといえるでしょう。アライグマの被害を防ぐ方法や駆除の内容については、ホームページでも簡単に調べることができます。